パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

昨日お風呂で考えたこと

Malts: リクエスト毎に内容が変わらないものは、stateで保存すればそれなりに早くなる感じする。

routes, encoding, config, app_dirとか。routesはstate使ってないけど…。

contextの保存をどうするかどうか考える。

ふわふわしてる部分はブランチであれこれしよう。

ベンチマークを取ろう。

https://github.com/malts/p5-malts/tree/context

https://github.com/malts/p5-malts/tree/config

https://github.com/malts/p5-malts/tree/benchmark

 

READMEに書かれてる通りやってみた。

1回目と2回目のRequests per secondを書いた。

- mojolicious

Requests per second:    983.29 [#/sec] (mean)

Requests per second:    1024.26 [#/sec] (mean)

 

- dancer

Requests per second:    1474.14 [#/sec] (mean)

Requests per second:    1544.77 [#/sec] (mean)

 

- ark

Requests per second:    1750.43 [#/sec] (mean)

Requests per second:    1937.88 [#/sec] (mean)

 

- malts

Requests per second:    2624.38 [#/sec] (mean)

Requests per second:    2977.02 [#/sec] (mean)

 

- amon

Requests per second:    2516.81 [#/sec] (mean)

Requests per second:    2838.78 [#/sec] (mean)

 

こういう感じになった。Amon2とMaltsは大した差がないけど、他のフレームワークとは結構差が出た。