読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

27歳になった。

良かった

26歳は、Androidアプリエンジニアになったし、シニアエンジニアになったし、仕事ではサーバサイドのコードを全く書かなくなった。
変化に耐えれる力が、エンジニアとして生きていく上で自分に必要な事だと思っていたんだけど、ここ1, 2年でやることが大きく変化していて、そこは自分でも納得出来るくらいには出来るなと感じるようになった。

変化に耐えれる力とは、環境の変化だけではなくて、仕様の変化に耐えれるという意味で、コード上でも言えると思う。今まで途中から関わったプロジェクトはテストのカバレッジが高いものばかりだったので、既存のコードが大量にあるけどテストが全くなく一向に増えない状態からテストが少しずつ増えていく状態にするのは経験がなく、そこを経験出来てよかった。まだまだ少ないけど、チームメンバーのおかげで確実に増えてきている。

また1つのクラスにコードがまとまりがちだったのを、クラスの責務をちゃんと分けていきましょうという話をチームメンバーにして、それもうまく機能しつつあると思う。

気になる

幅広くやることを増やした結果、Androidの知識は元々ないし、サーバサイドの知識は忘れていくしで浅くなってきたと感じる。「こういうのあるんじゃないですかね?」とか「こういう感じだったような?」みたいな会話が明らかに増えた。

こうする

Android一本に絞るぞという気持ちでいる。