パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

Google Pixel3 を交換する

11/17(土)

夜に漫画アプリで漫画を読んでるとスワイプするたびに一瞬光る現象が起きるが、気のせい??と思って翌日ハーフマラソンを走る予定だったのでそのまま寝る。

11/18(日)

朝は問題なく使えていたが、昼過ぎに突然ぶっ壊れる (タオルを被ってる自分が写っておりアホっぽい)

電源を切って放置しているといつの間にか復活

Made by Googleエゴサで大丈夫か聞いてくる。全然だいじょうぶではない。

言われるがままファクトリーリセットを行うが、意味なし。 このとき、持っていたiPhoneでお問い合わせをしようとするが、電話でしかお問い合わせ出来ないと思い込んでおり、iPhoneはデータ通信しか出来ないSIMだったので問い合わせ出来んやんけと絶望し諦める。

11/20(火)

また不具合が起きるが、電源を切って放置していつの間にか復活 電話はめんどいという気持ちが勝利する

11/22(木)

また起きたので、動画を撮って自慢する。

電話はめんどいという気持ちが勝利する

11/25(日)

また起きるが電源を切って放置 電話はめんどいという気持ちが勝利する

11/26(月)

Made by Googleツイッターで話しかけてきたので、重い腰をあげてお問い合わせをしようとする。 電話嫌だな〜とPixel Phone ヘルプを眺めていると電話ではなくチャットで問い合わせることができることに気づき利用する。

結論

  • 初期不良かもしれないので無料交換となった
  • 新しい端末を送ってもらったあとに持っている端末を返品する形
  • ただ新しい端末を送ってもらうにあたって一度決済を行う必要がある
    • クレカの承認枠を10万ほど使う
    • デビットカードを利用すると一度引き落としされる
  • この決済は、登録しているメールアドレスに専用のURLが送られてきて、そのページからユーザーが自ら行う必要がある

所感

チャットなのとシュッと無料交換が決まったので良かった。

  • Pixel3の設定アプリからヘルプを開いて、すぐチャットできるのはかなりよい。待ち時間もなかった。
  • 問い合わせ後にPCでPixel Phone ヘルプを開いたら右下にチャット画面が表示された
  • 最初は自分で修理が必要だなと判断して、修理に出そうと修理の問い合わせ口を探してたんだけど、結局どうしたらいいのかが秒ではわからなかったので、チャットで問い合わせて誘導してもらうのが良いと学んだ
    • 結局修理じゃなくて交換になったわけですし
  • Twitterにあげた動画で状況を伝えたのでいちいち言葉で説明しなくて済んだし、明らかにおかしいのがすぐ伝えることができたので良かった
    • 電話だとすごい伝えにくいと思う
  • トラブルシューティングガイドを見て、ファクトリーリセットもやってたので伝えた
  • 無料交換が決まったあとの決まった返信も毎回タイピングしてるっぽくて大変だなと思った
  • 配送予定日は11月29日~12月6日で、遅くはないと思う

以上です。