パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

アマニタ・パンセリナ を読んだ

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

アマニタ・パンセリナ (集英社文庫)

中島らも自身がドラッグに関する情報について、咳止めシロップの項目でこう書いてる。

問題は情報にはなくほとんどいつも中毒者の側にある。
つまり、なるべくして中毒になるような、そういう器質の一群があるのだ。

情報として重要なのは、たとえばこの文章のような「正確な」情報だろう。
こうすればこうなりますよ、という臨床例に近いような情報だ。
かくすより「知らせる」ことの方が大事なのである。