パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

最近読んだ漫画

完結した

ムワァ…

はい

これ読んだら店に服買いに行きたくなって買いに行きました

山登るぞ!

終わったと思ったら終わってなかった!

亜獣譚 (4) (裏少年サンデーコミックス)

亜獣譚 (4) (裏少年サンデーコミックス)

はい

先が気になる

マイホームヒーロー(5) (ヤングマガジンコミックス)

マイホームヒーロー(5) (ヤングマガジンコミックス)

そろそろ終わりそう

ROUTE END 5 (ジャンプコミックス)

ROUTE END 5 (ジャンプコミックス)

そろそろ終わりそう

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築くを読んだ

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

結構面白かった。
読んでてエンパワーメントってことじゃない?って思ってたんだけど、最後のほうでエンパワーメントって言葉は嫌いって書かれてた。
本の最後にも従業員の力を解放すればええって書いてたんだけど…………

次は、勧められたティール組織を読む。

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

死について考えるを読んだ

死について考える (光文社文庫)

死について考える (光文社文庫)

自分の死について考えることはまだないけど、身近な人の死について時折考えることがある。

祖父母の死に目に気の利いたこと言ったり少なくとも手を握るなどできればよかったのだけど、東京にいたり国外にいたりと物理的に離れていたので、それはもうどうしようもないという諦めはある。

死に目というよりかはそろそろ死ぬかもしれないとわかった時から数ヶ月はもっと何かできたんじゃないかなと後悔というか反省というかなんというかわからないけどある。

そんな中、友人の結婚パーティー後におばあちゃんが一人でやってる小さな店に泥酔して入り、おばあちゃんと喋ってるうちにそれを思い出してしまい泣いてしまった。おばあちゃんに「泣き上戸かい〜?」と言われ、絞り出して長生きしてな…と言うしかなかった(突然の日記)

アドバイスかと思ったら呪いだった。を読んだ

たまにはこういうの読んでみるかと思ってよんだ。
こういうこと言われることないなと思いながら読んでたんだけど、言われても気にしないか忘れてるだけかもしれない。自分も言ってる可能性あるので気をつけよう。

この本は基本的にクソなアドバイス(クソバイス)をされた人がこういうこと言われました!と説明し、それに対して著者が答えていくみたいな感じなんだけど、クソバイスされた人がクソバイスをした人をお局独身ババアみたいな感じで若干の悪意ありで説明してて???ってなってたけど、ちゃんとコラムみたいなので著者が「同じステージまで落ちたらあかんで」と諭していてそのとおりだなと思った。

文化人類学入門を読んだ

文化人類学入門 (中公新書 (560))

文化人類学入門 (中公新書 (560))

人間の特色は言語をもつことらしい。言語があるので別の人間に自分の体験を伝えることができる。
だからこそ、ここまで人間が発展してこれたのかなあと思った。

そろそろ進化して言語化じゃなくてなんかシュッと伝わるようになってほしいと思ったが、若者が「マ?」とかいうのも少ない労力で自分の考えてることを伝えるコミュニケーションの進化なのでは?と思うなどした。(退化とも言える??)

KotlinのParcelizeとParceler

画面遷移に使えるかなーと思って触ってみたのでメモ
Parcelerはシングルトンじゃないとだめぽ

object MenuParceler : Parceler<MenuOuterClass.Menu> {
    override fun create(parcel: Parcel): MenuOuterClass.Menu {
        val byteArray = ByteArray(parcel.readInt())
        parcel.readByteArray(byteArray)

        return MenuOuterClass.Menu.parseFrom(byteArray)
    }

    override fun MenuOuterClass.Menu.write(parcel: Parcel, flags: Int) {
        val byteArray = toByteArray()
        parcel.writeInt(byteArray.size)
        parcel.writeByteArray(byteArray)
    }

}

class MenuDetailActivity {
    @Parcelize
    data class Extras(
            @TypeParceler<MenuOuterClass.Menu, MenuParceler>()
            val menu: MenuOuterClass.Menu,
            val recipeIndex: Int = 0) : Parcelable

    private val extras: Extras by lazy {
        intent.extras!!.getParcelable(this::extras.name) as Extras
    }

    companion object {
        fun newIntent(context: Context?, extras: Extras): Intent {
            val intent = Intent(context, MenuDetailActivity::class.java)
            intent.putExtra(MenuDetailActivity::extras.name, extras)

            return intent
        }
    }
}

新しい冷蔵庫を買った

  • 現在の家の状況など
  • 日立
    • 野菜の持ちがよい
    • 野菜を買うことが多いので、一番候補
    • 候補は、幅的にSシリーズ
    • まんなか野菜タイプの候補は機能的には、あまりつよくない
    • R-S27JVは、関節冷却カバーがないため候補から外す
    • 奥行きが一番小さいのは、R-S32JVである
    • R-S38JVは、奥行きも高さも一番大きく、かつ容量も375LでR-S4000Hより低いので候補から外す
    • R-S4000Hは、冷凍速度、チルドルーム、自動製氷、野菜室の性能、省エネ技術が強い
    • しかし、R-S4000Hは183cm以上ありレンジを乗せるのはかなりきつい
    • レンジを乗せるのは、R-S32JV(177cm)でも厳しめだと思われる
    • 製氷皿があらえないのなかなかつらい
  • パナソニック
  • 三菱
  • 実際に店舗に見に来た
    • 180cm以上あるのはかなり背が高いので候補から外した
    • お目当てのパーシャル搭載 冷蔵庫 NR-F453HPX | 冷蔵庫 | Panasonic がタイムセール
    • 9月に新しいのが出るからセール
    • 店員に話を聞いたら500Lのほうはもう売り出し中とのこと
    • 500Lの値段は今35万
    • タイムセールしてた(450L)のは17万だったので2倍か〜〜〜ってでかい声で言っちゃった
    • さっきのお客さんには29万まで下げたんですけど、ここまで下げますと26万提示
    • それでもたけーわと思って、なるほど〜って言ってたら25万まで下がった
    • よく考えたら背の低い450Lのほうがほしいんだよなーと思って、 パーシャル搭載 冷蔵庫 NR-F454HPX | 冷蔵庫 | Panasonic はどうですかと切り出したらポイント10%還元+持ってるポイントで払うことを考えると大体20万でお得じゃんと思って購入を決めた(購入時, 価格.comで見ると最安値25万超え)
    • 無理言って9/1午前配送の予定にしてもらったんだけど、そもそもの販売が遅れているようで結局9/20になった

お金がなくなったので豆腐生活が始まります。