読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

「Androidチームのこれまでとこれから」という話をした。

Androidチームに新しいメンバーが増えた事とテクニカルリードという役割を僕が担う事になったので、Androidチームのメンバーに僕が現状考えている「テクニカルリードの役割と責任」「Androidチームの方針」「Androidチームの文化」について簡単にまとめました。

方針に関しては、今年のはじめに決めて結構良い感じだったので、そのまま進めるという感じです。

追記: 来てくれ!!!!!1
minne Androidアプリエンジニア(正社員) | エンジニア | 職種詳細 | GMOペパボ株式会社

RecyclerView.AdapterでViewTypeによってViewHolderを切り分ける ViewHolderBinder を作った

RecyclerView.Adapterは、Item毎にViewTypeを指定することでItem毎にViewHolderを指定出来る。なので「itemが映画ならFilmViewHolderを利用する」とか「itemがドラマならTvDramaViewHolderを利用する」とか「positionが0ならAdViewHolderを利用する」などが出来る。

ただそれをやっていると以下のようにViewHolderのインスタンスを作成するonCreateViewHolderとViewHolderを利用するonBindViewHolderがItemViewTypeが増えるたび膨らむ。

public FilmographyAdapter(Context context) {
    this.context = context;
}

...

@Override
public RecyclerView.ViewHolder onCreateViewHolder(ViewGroup parent, int viewType) {
    switch (viewType) {
        case VIEW_TYPE_1: {
            return new TvDramaViewHolder(LayoutInflater.from(context).inflate(R.layout.row_filmography, parent, false));
        }
        case VIEW_TYPE_2: {
            return new FilmViewHolder(LayoutInflater.from(context).inflate(R.layout.row_filmography, parent, false));
        }
        default:  {
            throw new IllegalArgumentException("みつからんかった");
        }
    }
}

@Override
public void onBindViewHolder(RecyclerView.ViewHolder holder, int position) {
    switch (holder.getItemViewType()) {
        case VIEW_TYPE_1: {
            ((TvDramaViewHolder) holder).render(items.get(position));
            break;
        }
        case VIEW_TYPE_2: {
            ((FilmViewHolder) holder).render(items.get(position));
            break;
        }
        default:  {
            throw new IllegalArgumentException("みつからんかった");
        }
    }
}

RecyclerView-Binderというのもあって、それを利用すれば上記のようにswitchで頑張る必要は なさそう。ただViewHolder以外に自分でBinderクラスを作らなければならない事, Adapterに継承が必要なことが理由で利用しなかった。

なので、aptの勉強がてら自分で作ってみた。
github.com

さっきのswitch文べったりなコードがこうなる。

public FilmographyAdapter(Context context) {
    // Binderクラスが自動で生成されるのでそれのインスタンスを持つ
    this.binder = new FilmographyAdapterViewHolderBinder(context, this);
}

...

// @ViewHolderでviewTypeとlayoutを指定してあげる
void onBindViewHolder(
        @ViewHolder(viewType = VIEW_TYPE_1, layout = R.layout.row_filmography) TvDramaViewHolder holder,
        int position) {
    holder.render(items.get(position));
}

void onBindViewHolder(
        @ViewHolder(viewType = VIEW_TYPE_2, layout = R.layout.row_filmography) FilmViewHolder holder,
        int position) {
    holder.render(items.get(position));
}

@Override
public RecyclerView.ViewHolder onCreateViewHolder(ViewGroup parent, int viewType) {
    // @ViewHolderで指定されたViewType, layoutを元に
    // ViewHolderのインスタンスを作成する。
    return binder.create(parent, viewType);
}

@Override
public void onBindViewHolder(RecyclerView.ViewHolder holder, int position) {
    // @ViewHolderで指定されたViewTypeを元に利用するViewHolderのインスタンスを決めて
    // そのインスタンスにあった onBindViewHolder() を利用する。
    binder.bind(holder, position);
}

ViewHolderのインスタンスを作成する部分は、僕はいつもこう書いてるだけなので、人間が書く必要はないなと感じた。なので、全部自動生成するようにした。

return new ItemViewHolder(layoutInflater.inflate(R.layout.hogehoge, parent, false));

その結果、ViewTypeが増えれば、 対応したViewHolderとonBindViewHolder(...)を追加してやるだけになった。

まとめ
  • RecyclerViewでViewType毎にViewHolderを分けれるのは便利
  • ただ onCreateViewHolderなどが膨らんでしまい書くコードも多い
  • なので、ViewHolderBinderというのを作った

github.com

AndroidでサーバなしのA/Bテストを行う Hanaten を作った

AndroidでサーバなしのA/Bテストを行いたかったが、それらしいライブラリを見つける事が出来なかったので作った。iOSでいうmattt/SkyLabみたいなのです。

github.com

振る舞いを変えたい場合はこうする。

new Hanaten(context, "presenter test")
  .add(10, new Runnable() {
    @Override
    void run() {
      mPresenter.showRed();
    }
  })
  .add(20, new Runnable() {
    @Override
    void run() {
      mPresenter.showGreen();
    }
  })
  .add(30, new Runnable() {
    @Override
    void run() {
      mPresenter.showBlue();
    }
  })
  .start();

返ってくる値を変えたいとかはこうする。

String color = new Splitter<String>(context, "color test")
  .add(10, "Red")
  .add(20, "Green")
  .add(30, "Blue")
  .split();

github.com
ちゃんとjcenterとかに登録したほうがいいかなーと思いつつjitpack.io使ってる。

RecyclerViewにHeaderViewとFooterViewを付けられる HeaderFooterAdapter を作った

HeaderやFooterで各々ViewHolderを作る必要もなかったので、それすらないシンプルなAdapterです。
github.com

// HeaderFooterAdapterを継承する
class MovieAdapter extends HeaderFooterAdapter<ItemViewHolder> {
    private List<String> movies;
    private LayoutInflater layoutInflater;

    MovieAdapter(LayoutInflater layoutInflater) {
        this.layoutInflater = layoutInflater;
    }

    void setMovies(List<String> movies) {
        this.movies = movies;
        notifyDataSetChanged();
    }

    // ItemのViewHolderを作成して返す
    @Override
    protected ItemViewHolder onCreateItemViewHolder(ViewGroup parent, int viewType) {
        return new ItemViewHolder(
                this.layoutInflater.inflate(R.layout.row_movie, parent, false));
    }

    // ItemのViewHolderを利用する
    @Override
    protected void onBindItemViewHolder(ItemViewHolder holder, int position) {
        holder.setName(this.movies.get(position));
    }

    // Itemの数を返す
    @Override
    protected int getAdapterItemCount() {
        return movies.size();
    }
}

// ActivityなどでAdapterをセットする前にHeaderViewとFooterViewをセットする
MovieAdapter adapter = new MovieAdapter(layoutInflater);
adapter.setHeaderView(headerView);
adapter.setFooterView(footerView);
recyclerview.setAdapter(adapter);

github.com

入門 考える技術・書く技術 を読んだ

Github上で人に対してコメントや説明をする時、送信する前に自分の書いた日本語を見返す。見返すときに「相手は何が聞きたいのか?」と「聞きたいことの答えが伝わるか」って考えながら見返す。それが分かるように書かれてあればそのまま送信するし、伝わらないかもなと思ったら書き直す。そういうのはコードにも言えると思うけど、日本語でも重要だと思う。

というのが、だいぶ前に書いたブログの下書きに残ってたんだけど、この本にも似たような事が書かれてた。

入門 考える技術・書く技術

入門 考える技術・書く技術

PMJPのSlackで紹介されていたので読んだ。新卒とかが読むと良さそうな感じだった。

ウニ食べた

ウニバーという概念があると聞き、行くしかないと思ったので行ってきた。
ウニの食べ比べがあり、産地別に出てきた。「違いなんてわかるはずない」「そんなに舌が肥えていない」とか思ってたけど、案外わかってウニはすごい。

https://www.instagram.com/p/BDft7SFzNJi/

最後ににぎりが出来てたけど、ウニもうまかったけど肉が異常にうまかった。解説されたけど、うまさのあまり知性が破壊されてしまったようで忘れてしまった。
https://www.instagram.com/p/BDf4dUYTNPu/