パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

ヘッドホン( WH-1000X M3 )買った

AirPods使ってたけど充電出来ないことがあって、そろそろだめになりそうという感じだったので新たにヘッドホンを買うことにした。 前までヘッドホンが欲しくなったらBOSEの最新を何も考えずに買ってたんだけど、今回はBOSEのQC35ではなくソニーのWH-1000XM3にした。

AirPodsの問題点

AirPodsは接続時の体験やイヤホンの軽さがよくてかなり気に入っている。ワイヤレス給電のケースが出たら買うと思う(いつ出るんだ?)。だけど以下の点が不満だった。

  • 小さいゆえにどこに行ったのかわからなくなる
  • AirPodsの充電ケースだけ職場に持ってきて肝心のイヤホンを家に忘れる
  • 充電残量の把握のためにiPhoneを取り出して、AirPodsのケースをパカーとしないといけない。しかもAirPodsのケースを開いても認識しないときがあって何度もパカパカすることになりだるい。結果、残り充電を気にしなくなり外で充電が切れる

AirPodsの問題点というか僕の問題のような気がしないでもない。 AirPodsをもう一個買って職場に置いて帰り際に充電しておくのも良かったんだけど、持ち歩き用と会社用で困惑しそうだったのでやめた。

WH-1000XM3に決めた理由

不安なところ

まだ使い始めて日数が経ってないので、若干不安なところもある。

  • AirPodsと比べると物理的に重い
    • 長時間つけてると首が疲れそう
    • 耳も痛くなりそう
    • 筋肉をつける必要がある
  • AirPodsと比べるとでかい
    • 持ち歩くのに邪魔なので持ち歩きたくない
  • 買ったときなんか独特の臭いがした
  • よくわからないタイミングで通知音がなったりする
    • 通知がきたのかと思ったら違うし一体なんなんだ
  • 充電中は使えない
    • 充電すると強制的に電源がオフになる
    • なんで?となった

いいところ

  • ノイズキャンセリング便利
    • あんまり雑音は気にしないんだけど結構エアコンとか音出てるんだなって気づいた
  • Googleアシスタント便利
    • 使わないかなと思ったけど結構便利
    • 家出てエレベーターの中でスマホ出さずに音楽再生が始められる
    • ただ職場では使わない
  • 残り充電がボタンポチでわかる

まとめ

メガネとヘッドホンって相性悪いと思っていてあんまりヘッドホンは使わないんだけど数年ぶりに欲しくなったので買った。今のところ結構気に入っている。

Google Pixel3 を交換する

11/17(土)

夜に漫画アプリで漫画を読んでるとスワイプするたびに一瞬光る現象が起きるが、気のせい??と思って翌日ハーフマラソンを走る予定だったのでそのまま寝る。

11/18(日)

朝は問題なく使えていたが、昼過ぎに突然ぶっ壊れる (タオルを被ってる自分が写っておりアホっぽい)

電源を切って放置しているといつの間にか復活

Made by Googleエゴサで大丈夫か聞いてくる。全然だいじょうぶではない。

言われるがままファクトリーリセットを行うが、意味なし。 このとき、持っていたiPhoneでお問い合わせをしようとするが、電話でしかお問い合わせ出来ないと思い込んでおり、iPhoneはデータ通信しか出来ないSIMだったので問い合わせ出来んやんけと絶望し諦める。

11/20(火)

また不具合が起きるが、電源を切って放置していつの間にか復活 電話はめんどいという気持ちが勝利する

11/22(木)

また起きたので、動画を撮って自慢する。

電話はめんどいという気持ちが勝利する

11/25(日)

また起きるが電源を切って放置 電話はめんどいという気持ちが勝利する

11/26(月)

Made by Googleツイッターで話しかけてきたので、重い腰をあげてお問い合わせをしようとする。 電話嫌だな〜とPixel Phone ヘルプを眺めていると電話ではなくチャットで問い合わせることができることに気づき利用する。

結論

  • 初期不良かもしれないので無料交換となった
  • 新しい端末を送ってもらったあとに持っている端末を返品する形
  • ただ新しい端末を送ってもらうにあたって一度決済を行う必要がある
    • クレカの承認枠を10万ほど使う
    • デビットカードを利用すると一度引き落としされる
  • この決済は、登録しているメールアドレスに専用のURLが送られてきて、そのページからユーザーが自ら行う必要がある

所感

チャットなのとシュッと無料交換が決まったので良かった。

  • Pixel3の設定アプリからヘルプを開いて、すぐチャットできるのはかなりよい。待ち時間もなかった。
  • 問い合わせ後にPCでPixel Phone ヘルプを開いたら右下にチャット画面が表示された
  • 最初は自分で修理が必要だなと判断して、修理に出そうと修理の問い合わせ口を探してたんだけど、結局どうしたらいいのかが秒ではわからなかったので、チャットで問い合わせて誘導してもらうのが良いと学んだ
    • 結局修理じゃなくて交換になったわけですし
  • Twitterにあげた動画で状況を伝えたのでいちいち言葉で説明しなくて済んだし、明らかにおかしいのがすぐ伝えることができたので良かった
    • 電話だとすごい伝えにくいと思う
  • トラブルシューティングガイドを見て、ファクトリーリセットもやってたので伝えた
  • 無料交換が決まったあとの決まった返信も毎回タイピングしてるっぽくて大変だなと思った
  • 配送予定日は11月29日~12月6日で、遅くはないと思う

以上です。

雑にKotlin Conf 2018の動画を見た

雑に見た

疲れたので一旦終了

最近読んだ漫画

完結した

ムワァ…

はい

これ読んだら店に服買いに行きたくなって買いに行きました

山登るぞ!

終わったと思ったら終わってなかった!

亜獣譚 (4) (裏少年サンデーコミックス)

亜獣譚 (4) (裏少年サンデーコミックス)

はい

先が気になる

マイホームヒーロー(5) (ヤングマガジンコミックス)

マイホームヒーロー(5) (ヤングマガジンコミックス)

そろそろ終わりそう

ROUTE END 5 (ジャンプコミックス)

ROUTE END 5 (ジャンプコミックス)

そろそろ終わりそう

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築くを読んだ

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

NETFLIXの最強人事戦略 自由と責任の文化を築く

結構面白かった。
読んでてエンパワーメントってことじゃない?って思ってたんだけど、最後のほうでエンパワーメントって言葉は嫌いって書かれてた。
本の最後にも従業員の力を解放すればええって書いてたんだけど…………

次は、勧められたティール組織を読む。

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

死について考えるを読んだ

死について考える (光文社文庫)

死について考える (光文社文庫)

自分の死について考えることはまだないけど、身近な人の死について時折考えることがある。

祖父母の死に目に気の利いたこと言ったり少なくとも手を握るなどできればよかったのだけど、東京にいたり国外にいたりと物理的に離れていたので、それはもうどうしようもないという諦めはある。

死に目というよりかはそろそろ死ぬかもしれないとわかった時から数ヶ月はもっと何かできたんじゃないかなと後悔というか反省というかなんというかわからないけどある。

そんな中、友人の結婚パーティー後におばあちゃんが一人でやってる小さな店に泥酔して入り、おばあちゃんと喋ってるうちにそれを思い出してしまい泣いてしまった。おばあちゃんに「泣き上戸かい〜?」と言われ、絞り出して長生きしてな…と言うしかなかった(突然の日記)