パルカワ2

PerlとRubyとイチャラブ

CSVなど大量に作ることになったのでそれの管理

データを取ってくると取って終わりではなくて、他の人に見せたりする事が多い。それで社内のファイルサーバに置くのだけど、ファイル管理って結構雑にしがちで、2014-09-01/output.csvとかにしがち。というかしてた。ただそれだと、あとから見た時なんのデータやねんってなることが多い。というかなった。

なので、イシューに紐づけて管理するようにした。

$ ls
output.csv

$ mkdir -p /会社のファイルサーバ/hisaichi5518/ghe.example.com/service-name/service-repo
$ mv output.csv hisaichi5518/ghe.example.com/service-name/service-repo/iss-nnnn.csv

イシューにひもづけることで、なんのデータか忘れないようにする。
基本的にイシューにつきデータは1つなので、これで問題ない。
複数ある場合は、iss-nnnn-comment-nnnnとかすればよさそう。

イシューには、「このデータからわかること」「元データの場所」「SQL」をコメントしておくとヨシ。

### このデータからわかること

吉高由里子は可愛い。


### 元データ

smb://.../hisaichi5518/ghe.example.com/service-name/service-repo/iss–nnnn.csv


### SQL

```
select * from yurikos;
```

というのをさっき思いついてやることにした。